» 2012 » 1月のブログ記事

正直言ってネタが無くなった。

だって売上データEXCELの一覧に変えられたらあとは力次第でどうとでもなるしね。
集計だってできちゃうし商品毎の分析もできちゃうからね。
尚、アクセスログみたら弥生で検索してきている人も結構いるらしいけど
それも弥生会計なら様式を弥生に合うようにテキストエディッターなど使って
細工してCSVファイルでインポートすれば出来る。(古いバージョンでできたから今もできるだろ)
ただ、ややこしいというのが難点だけどこれからの時期、決算する際の手抜きには役立つね。
弥生販売のインポートは一個一個の伝票単位のようだから一括は無理っぽいけどね。
売上明細一括でインポートできる販売ソフトあればいいが何かいい奴ないかな?
消費税上がりそうだからその時に再考しようかな。

尚、アクセスはなんだか?外国からのアクセスも結構ある。なぜ?
WordPressだからかな?
他でJoomlaで作った経験もあるけどその時はそんなに無かったんだけど、、、
とりあえず、自分が必要としたツールの殆ど作っちゃったし、、、、ネタがない。
まぁー所詮レジ、市販ツールで殆ど事足りるよね。現実には、、、

でもそれをいっちゃーおしまいか(^^)

 

個人的にPerlの方が慣れているのでPerlで作ったプログラムが山のようにある。

でも、 WordPressでは埋め込めないようだと思ってSSIやらいろいろ試した結果 。
Exec-PHPというプラグイン使ってPHPで埋め込んじゃえっていう結論になった。

まぁーiframeって言う手もあるんだけどなんかブラウザによってはわく出来たり
気にくわないんだよね。

<?php
$abc = file_get_contents(“./xxxx/xxxx.cgi/”);
print $abc;
?>

とかで動いたよ。ただ、絶対アドレスじゃないと動かない場合もあるようだし
サーバーにも左右されるようだ。
とりあえず応急ね。

というかPHPいいかげん、覚えたらいいんだろうけどね。

シャープ製レジスタ XE-A280 XE-A270の商品データ作成ツール>

XE-A280 XE-A270の専用ソフトで商品登録は勿論できます。
ただ、一個一個登録で同じような作業の繰り返しになり面倒。
どうせならウチの販売管理ソフトからCSVでエクスポートしたCSVファイルを
EXCELとかで編集してからインポートできれば楽なのにって思って
ソフトを探したんだが同じ事を思う人も多いようであった。
でも、1万くらいする。
本気で買おうかどうか迷っていたが買おうとする寸前にファイルの形式が
なんとなくわかったから作る事にした。
実はバーコードラベル印刷の次にできたツール、ただ自分用だったので
かなり手抜き状態だったけど少し直して公開する事にした。
まぁー今でもかなり手抜きなんだけど使い方によってはかなり便利なツール。
勿論、動作保証は無い。自己責任だよ。

まず、次のような例のファイルをCSV形式で作ります。 
(EXCELで保存形式をCSVにすればいい。必ず全て半角文字、拡張子はcsvで作成している事)

それからEXCELでそのままだとPLU_CODEが7.01001E+12とかになっているだろうから
その部分の書式を数字全て表示出来るように編集もします。
セルの書式を文字列にして入れ直すかユーザー定義で0とか選べばいいでしょう。
そのままだと文字変っちゃいますのでおかしくなります。
この点はEXCEL勉強してね。

他のページの
XE-A280 XE-A270の商品データをEXCELで一覧で作ったファイルをそのまま編集したっていい。

それをXE-A280 XE-A270の商品データをEXCELで作成で用意したファイルを読み込ませればPLU-JAN.xmlができる
これを同じファイル名のところにコピーしてシャープの専用ソフトで読めばレジへ移行出来るファイルができあがる。
ただそれだけ。(失敗していたら読めない)

ただし、入力値誤ると失敗するからリスクもある。
だからちゃんとできるかわからんから必ず元のPLU-JAN.xmlなどレジファイルはバックアップとっておいてね。

これで
他のページの
XE-A280 XE-A270の商品データをEXCELで一覧と組み合わせて使えばEXCELで一括商品編集もできちゃいます。
うまく使えばかなり便利だと思うよ。

利用条件

1.WEB負荷をかける行為をしない。
つまり一日に百回など利用しない。

2.NOサポートNOクレーム。
つまりトラブル生じても自己責任。

3.バグ報告に協力する。 (任意だけどね)

4.提供中止などされても文句は言わない。

5.あくまで実験の為の無料提供。

以上です。

バーコード印刷について知り合いのところへ寄って
MACで試してみたんですがFONTはインストール出来ました。

ただ、WEBでバーコード表示が出来ない。

なぜ?わからん。

時間も無いのでそこくさと帰ってきましたが考えられるとすれば
IEがバージョン5だったのとsafariもかなりバージョンが古いらしい。
FONTもちゃんとセットアップ出来たかもわからん。

まぁー動作自体もかなりおかしいMACだったので最新のバージョンだと
どうなるかわかりません。

とりあえずFONTは見た目インストール出来ちゃいました。

とりあえずそれだけの報告。

役立たない情報だな。

WordPressって結構簡単だなってここまで使った感じで思った。

なんかJoomlaでサイト使った経験があると楽しくは無いけど悩む事が少なくていいね。

所詮blogだからなんだろうけど無料のブログスペースなんかより明らかに早いし、、、、

まぁーこれはサーバーの違いから何だろうけどとにかく楽。

プラグインも入れやすいしアップデートもやりやすい。

ただ、とにかくJoomlaと違って楽しくは無い。

まぁーこれからかな。悩むのは

 

 

シャープ製レジスタ XE-A280 XE-A270の商品データ抽出ツール>

XE-A280 XE-A270の付属ソフトで作成出来る商品データって
そのままではEXCELで簡単に一覧にはできない。
まぁー売上データから取ってくる手もあるが売れてなきゃそのリストには上がってこない。
そして専用ソフトで見る場合、なんか反応鈍いし一個一個覗く必要があり大変不便だ。
勿論、他社が提供する有償ソフトにはこの機能はあるらしい。
商品だけなら1万ちょっとらしいが悩んだ。だって一応メーカーのソフトで見る事出来るから、、、
そこでせこく商品データを解析していたのだがさっぱりわからなかったが
ふと気が付いたなんかもう一個ファイル出来ている、、、、
これなら何とかなりそうだEXCELで使えるように加工してしまおうと考えツール作成開始。

でけた。

以下の通りです。

単純にレジから移したSDファイルをシャープの提供するソフトで読み込めば
(シャープが提供するソフトで商品データを作成すれば)

PLU-JAN.xml

っていうファイルが出来てくる。

そのファイルを何もしなで次のページで読み込めばうまくいけばEXCELで読めるCSVが作成出来る。

ただそれだけです。

とっても簡単だよ。

ただ、ファイルによっては文字化けするかも?
これ文字コードの変換がうまくいかない場合ってわかっているけどどうしようもない面でもある。
だからその点はご勘弁を

XE-A280 XE-A270商品データCSV抽出ツール

 

利用条件

1.WEB負荷をかける行為をしない。
つまり一日に数十回など利用しない。

2.NOサポートNOクレーム。
つまりトラブル生じても自己責任。

3.バグ報告に協力する。 (任意だけどね)

4.提供中止などされても文句は言わない。

5.あくまで実験の為の無料提供。

以上です。

シャープ製レジスタ XE-A280 XE-A270の売上データ抽出ツール>

※XE-A270BT/XE-A280BTもシャープ同じツール使っているのんでたぶん動く。

XE-A280 XE-A270で出来る売り上げデータって集計された後とレジ明細そのもののSDカードへの保存。
よってそのままではEXCELでは使いづらいと言うか使いもんにならんと言うか、、、
まぁーちゃんと精算して毎日保存かレジで個別に見ればいいんだけどそんな事をずぼらな俺に求めてはいけない。
メーカー提供のソフトには一切売り上げ関係の処理機能は無い、、、、
なんちゅうレジだと思ったが、、、あの価格、目をつぶろう。
そこで売り上げデータの一覧を取得出来るソフトを必死に探した。

安くても十万以上、、、、、、

CSVにさえ一覧とれれば弥生販売など使っているデータベースにでも移して利用するのに、、、

くそ!駄目だ!そんな金かけるのなら一覧になるソフト作っちまおう。

っていうわけで作ったツール。

ただ、容量制限はかけてあるし機能テキストを参考にして作ってあるからそれ変更していたり
それと合わさる商品名など使っていたらたぶんおかしくなる。
それに券とかいろいろできるようだけどウチではそんな利用しないのでそれも対象外ね。
よって出来たデータは完全には信じないようチェックはしようね。

使い方は簡単。

次のページにアクセスして

SDカードなどに保存したレジデータ

つまりEJフォルダ内の日ごとのデータ内にある EJFILE.TXT を

編集も名前変えも何もしないで参照して場所指定して

クエリ送信っていうボタンクリックするだけ

うまくいけば一覧になったuriage.csvっていうファイルが保存出来る。

それをEXCELで読めばいい。

あとは自由だ!

結構便利ですよ。

XE-A280レジデータCSVファイル変更ツール

利用条件

1.WEB負荷をかける行為をしない。
つまり一日に数十回など利用しない。

2.NOサポートNOクレーム。
つまりトラブル生じても自己責任。

3.バグ報告に協力する。 (任意だけどね)

4.提供中止などされても文句は言わない。

5.あくまで実験の為の無料提供。

以上です。

WordPressを試している状況なんだけど

こんな風に単純な文章書くのならいいけど表混じりだと

勝手に改行されたり改行とられたりうまく改行出来ないよね。

面倒だな。

JANコードなどバーコード値札ラベル作成

ここではフリーやシェア(有料ソフト)でネットなどで手に入る
バーコードフォントを利用しWEBで値札ラベル作成印刷が簡単にできます。

利用は条件付で無料です。

すごく簡単にWINDOWSパソコンでIEを使っているならたぶん作成出来ます。
ただ、ブラウザの表示文字サイズを標準から変えているような人は駄目です。
(つまりブラウザやパソコンの設定に左右されます。)

作成はこちらのページから

利用方法

  1. まずFONTをインストール

    ここで対応するフォントは数種類VECTORでも手に入るフリーもしくはシェアのフォント2種類

    JANコードのTrueTypeFont
    バーコードフォントJAN/CODE39

    ローラン社のソフトの一部。
    ただ、ローラン社は私がWindows3.1時代に購入した物なのでたぶん
    今、売っていると物とは違う。

    他のCODE32、NW7などのFONTも使えるけど説明面倒なので省きます。
    たぶん調べたらわかるでしょう。

    よって普通はVECTORから手に入る上記の物となるでしょう。
    つまりFONTさえ利用出来ればLINUXだって使えるページかも?

    尚、FONTのインストール方法はご自分で調べてね。

  2. 以下、項目を入力

    ・商品名1

    ・商品名2(空白OK)

    ・JANコード
     12桁入れればチェックデジットはいれなくても自動的に計算されて設定されます。
     いれてもOKですが誤るとエラーとなります。

    ・価格入力

    ・印刷スタート位置を入力
     (1なら最初から印刷)

    ・フォントを選択
     (セットアップしてあるFONT)

    基本は以上です。
    他項目は微調整部分。(バーコードフォントの大きさは選ぶfontで調整必要)
    試せばわかると思いますし普通は変更の必要ない部分です。

  3. ラベル印刷画面表示を押せばバーコードが表示されたラベルがブラウザ上に表示されます。
    それをプレビューしてから100%にしてヘッダーフッダーを空白にして余白調整して印刷するだけ。
    尚、IEはプレビューして設定変えないと自動的に縮小されるようですし他ブラウザは
    プレビューが無いから余計なヘッダーフッダーがいやでも印刷される事が多いです。

以上です。

入力画面

入力しクリックすれば
こんな感じで表示される。
これを印刷するだけ。
   

利用条件

1.WEB負荷をかける行為をしない。
 つまり一日に百回など利用しない。

2.NOサポートNOクレーム。
 つまりトラブル生じても自己責任。

3.バグ報告に協力する。 (任意だけどね)

4.提供中止などされても文句は言わない。

5.あくまで実験の為の無料提供。

以上です。

Joomlaは試したけど難しそうだからやめた。

そこでWordPressをインストール!

このまま使うかどうかはまだ未確定。